腰痛もちの在宅ワークを快適にしてくれるスツール

3人家族のわが家には、椅子が6脚あります。11年前にペアで手に入れたスツール以外は、夫と兼用。自宅でデスクワークをするわたしが、ぎっくり腰をきっかけに奮発したデスクチェア。2歳になる娘の食事用椅子。リラックス用のアウトドアチェア。そして、腰痛にいいと評判のバランス シナジーです。

産後、筋力が弱ったうえに、日に日に成長する娘の抱っこもあって、わたしの腰痛はひどくなる一方。週に一度は整体へ。座らないと仕事にならず、頭を抱えていました。

そこで、迎え入れたバランス シナジー。最初は、見た目にも惹かれたバランス イージーを検討していました。決め手は“前後に揺れる構造が、体幹筋に適度な刺激を与える”という点。座りながら、産後とくに弱った体幹筋をフォローできるなんて、うれしい! 母になり身にしみますが、自分の体をケアする時間を日常的にとるって、難しいですから。 

実物は、想像よりコンパクトでした。片手でひょいと持てるから、掃除も移動もスムーズ。スペースが限られる、うちの部屋にもぴったりです。 

届いた翌朝、説明書通りに調整。重力を感じるようにお尻をのせてみると・・・すっと、頭のてっぺんから糸で吊るされているような感覚に。わたしはヨガもするのですが、あえて姿勢を意識しなくても、自ずと腰まで伸びるのがわかります。丸い座面は穏やかな座り心地で、テキスタイルも事務用っぽくないから、リビングにも自然に馴染む。わたしのように、自宅兼仕事塲という人にとって、うれしいポイントではないでしょうか。そのまま一気に2時間ほどパソコンと向き合いましたが、腰はつらくありませんでした。 

また、仕事柄、スマホを覗くことも多く、気がつけば猫背なんてこともしばしば。ハッとしたら直しますが、それも・・・ない? 

半信半疑で仕事を切り上げ、娘のおやつタイムへ。いつもはスツールですが、せっかくなのでバランスシナジーにしてみます。こぼさないよう集中するから、足の裏は床にぺたり。でも、ゆりかごみたいに椅子の脚が動くからか、前傾姿勢がラクです。食後、娘にせがまれて、抱っこして絵本を数冊。ゆらゆら揺らすとご機嫌なのですが、それもラク。不思議がるわたしを見ていた夫が、言いました。「背筋がずっと、まっすぐだね」。

子育てって、覗き込むことの連続です。なぜなら、自分より目線の低い子どもと向き合うから。整体でも、それが腰痛の一因の猫背につながっていると言われていました。でも、なかなか改善できない。 

バランスシナジーで過ごした1日は、猫背になるほうが、かえって難しかったです。というのも、特別に意識しなくても、おへそのあたりに力が入りやすかったから。つまり、体幹筋がはたらいてるってことですよね。だからといって、筋肉痛にもなりませんでした。座り始めたばかり。わたしの体はどんなふうに変化していくか、楽しみです。

わたしの様子を見ていた夫も、どうやら高さを変えて座っているよう。だって毎朝、座るたび、わたし仕様に調整しなくちゃいけませんから。でもそれも、座ったままスーッと下げるだけ。手間ではありません。何より、この時間もまた、夫と新しい秘密を共有したようでうれしいのです。

ニイミユカ Yuka Niimi

兵庫県出身。大学卒業後、編集プロダクションへ入社。音楽、旅、日本の農などにまつわるフリーペーパーに関わったのち、2008年に独立。フリーランスの編集ライターとして10年ほど経験したのち、モノづくりで著名な企業へ入社。インハウスで制作に携わる。2019年冬に、再び独立。生活にまつわる物事を企画・取材・執筆している。

バランス シナジー詳細ページへ