Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 相武えつ子さんのコラム
  4. 写真は記録装置

写真は記録装置

写真はほぼ毎日撮ってます。カメラ、スマホ問わず毎日撮ってます。
それはなぜか︖というと単純に写真撮影そのものが好きだからということと、子どもの成⻑や日々の記憶を記録に残したい方という理由です。

わたしは12年ほど写真を楽しんでますが、写真を一番楽しく感じたのは次女の新生児の期間です。⻑女の時の様に愛でる気持ちで撮ってましたが一つ違ったのは焦燥感があったことでした。

⻑女を育てたからこそわかる、次女の今の成⻑の一瞬さ、今の瞬間の尊さ。柔らかな足裏も、寝ながら微笑むのも今だけ。リミットが見えていたのでその焦燥感で写真をたくさん撮りました。そして撮ることで⻑女の新生児のころを思い出すこともできました。そんな思い出を重ねることで、⻑女のことも次女のこともより愛おしく感じました。

写真には、記憶を記録にしてくれる役割と、写真に閉じ込めた記録を記憶として呼び戻す力があると思います。自分の記憶があいまいになるなら写真という外付けHDDに記録したらいい。そして、その外付けHDDから時に呼び出して懐かしむこともできる。とっても便利な記録装置だと思ってます。

Follow

関連記事